PR
アフィリエイト広告を使用しています

MLBクローザーランキングTOP10!2022年シーズンのTOP10も紹介

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

この記事では、MLBでのクローザーランキングをセーブ数で紹介します。

故障のリスクを軽減するために、先発(Starter)、中継ぎ(Reliever)、セットアッパー(Set upper)、クローザー(Closer)と投手の分業が進んでいます。

勝ち試合の最後に登板するクローザーは重要な役割を担っています。

先発(Starter)の重要な評価であるQSと2022年のランキングをこちらで紹介しています。

こちらの記事では、MLBのキャッチャーのランキングを紹介しています。

スポンサーリンク

クローザーとは

クローザーとは、終盤に登板して試合を締めくくる投手のことで、日本のプロ野球では、ストッパーや抑え投手、時には守護神とも呼ばれます。

クローザーの成績には「セーブ」という記録が用いられます。

そのセーブが記録されるための条件は以下の通りです。

  • その試合の勝利投手ではないこと
  • 勝利チームで最後に登板すること
  • 登板中に同点や逆転をされていないこと
  • 1/3イニング以上の投球をすること
  • 3点以内の点差で1イニング以上の投球
  • 3点以上の点差で3イニング以上の投球

クローザーは、チームがピンチでの登板が多いため、その重圧に耐えられる精神力が必要で、チームの絶対的な信頼が重要となります。

スポンサーリンク

MLBクローザーランキングTOP10:歴代

ここからは、歴代のセーブ数TOP10のクローザーを紹介します。

1位:マリアーノ・リベラ(1995–2013) 652セーブ

入団してから引退までフランチャイズ・プレイヤーとしてニューヨーク・ヤンキースに在籍し、チームの5度のワールドチャンピオンに貢献しました。

通算652セーブは、MLB歴代のクローザーとして最多で、この成績はギネス世界記録でもあります。

フランチャイズ・プレイヤー:入団から引退まで同じチームに在籍した選手のことです。

2位:トレバー・ホフマン(1993–2010) 601セーブ

2度の手術により故障者リスト入りした2003年を除き、1994年から2009年までの間、マリアーノ・リベラとともにMLB最高のクローザーとして君臨しました。

通算600セーブを史上初めて達成し、最終の601セーブは、ナショナル・リーグで歴代トップです。

3位:リー・スミス(1980–1997) 478セーブ

1984年から4年連続で30セーブ以上を達成し、1987年までに通算180セーブを達成しました。

現役18年間で8球団で活躍し、2006年にトレバー・ホフマンに更新されるまでの間、通算478セーブは、当時の歴代1位でした。

4位:ジョン・フランコ(1984–2005) 424セーブ

1986年にセットアッパーからクローザーに昇格して29セーブを挙げると、1988年に自身最多となる39セーブを挙げました。

1990年にも33セーブで自身2度目の最多セーブを挙げるなど安定した活躍を見せ、チームのクローザーとしての地位を確立しました。

5位:ビリー・ワグナー(1995–2010) 422セーブ

1997年に23セーブを挙げると、シーズンに50イニング以上投げた投手としてはMLB記録となるシーズン奪三振率14.4を記録しました。

1999年に39セーブを挙げ、ヒューストン・アストロズでのチーム新記録を達成し、2003年には通算200セーブを記録、これもチーム新記録の達成となりました。

6位:デニス・エカーズリー(1975–1998) 390セーブ

1987年、故郷のオークランド・アスレチックスに移籍した際にリリーフに転向、クローザーとして活躍し始めました。

1988年に開幕12連続セーブを記録するなどして45セーブ、1992年には開幕36連続セーブを記録などして51セーブを挙げて、それぞれシーズンセーブ王を獲得、チームのクローザーとして絶対的な地位を確立しました。

7位:フランシスコ・ロドリゲス(2002–現役) 386セーブ

2003年から2017年までの間、5チームでクローザーとして活躍しました。

2008年に、4ヶ月連続で月間のセーブ数が10を超え98試合目で40セーブに到達、129試合目で50セーブに到達、この2つの記録はともにMLB最速記録です。

また、この年は最終的に62セーブのシーズン最多記録となり、ギネス世界記録にも認定されました。

8位:ジョー・ネイサン(1999–現役) 377セーブ

2004年に20試合連続で無失点を記録すると、27試合連続でセーブを挙げて、ミネソタ・ツインズの新記録を打ち立てました。

2004年から2009年までミネソタ・ツインズ史上初の6年連続36セーブ以上を挙げ、チーム最多記録の通算260セーブを挙げています。

9位:ジェフ・リアドン(1979–1994) 367セーブ

1979年のMLBデビュー時は中継ぎで起用されていたが、1982年からクローザーとして起用されるようになり、1992年まで11年連続20セーブ以上を達成しました。

40セーブ以上を両リーグでの達成、3チームでの達成、ともに史上初です。

  • 1985年にモントリオール・エクスポズ(ナ・リーグ)で41セーブ
  • 1988年にミネソタ・ツインズ(ア・リーグ)で42セーブ
  • 1991年にボストン・レッドソックス(ア・リーグ)で40セーブ

10位:トロイ・パーシバル(1995–2005, 2007–2009) 358セーブ

1996年にカリフォルニア・エンゼルス(現ロサンゼルス・エンゼルス)のクローザーとして36セーブの活躍、1998年にもチーム歴代2位の42セーブを挙げました。

エンゼルス(カリフォルニア・エンゼルス、アナハイム・エンゼルス)在籍中10年間で、チーム記録となる通算316セーブを挙げました。

スポンサーリンク

MLBクローザーランキングTOP10:2022年

ここからは、2022年シーズンのセーブ数TOP10のクローザーを紹介します。

スポンサーリンク

まとめ

MLBのクローザーをランキング形式で紹介しました。

MLBの歴代の好成績選手を紹介する時は、19世紀の選手が多く出てきますが、投手の分業が進んだのが近年であることから、今回のランキングは最近の選手が多くなっています。

試合の終盤、ひいきのチームが勝つか負けるかの瀬戸際のとき、観ているファンも手に汗を握ってしまいますが、そんな重圧の中に登板し期待に応えるクローザーは頼もしく、カッコいいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました