PR
アフィリエイト広告を使用しています

MLB個人成績を歴代の最優秀防御率で紹介:いつまでも色褪せない偉業

この記事は約23分で読めます。
スポンサーリンク

投手は、自らのピッチングで相手チームの打線を抑えることが求められます。

その中でも防御率は、投手の真の実力を示す最も重要な指標のひとつです。

防御率が優秀であるということは、相手打者から得点を奪われることを極力抑えたということを示し、投手自身の評価にも繋がります。

この記事では、MLB史上で最優秀防御率を達成した歴代の投手たちを紹介します。

スポンサーリンク

防御率の計算の仕方

防御率は、以下のように計算されます。

防御率 = ( 自責点 × 9 × 3 ) ÷ ( 投球回 × 3 )

自責点とは、投手の責任で取られた失点のことです。

  • 安打
  • フォアボール
  • デッドボール
  • 犠牲フライ
  • 犠牲バント

これらが絡んだ失点は投手の責任となります。

野手のエラーによって出塁したランナーがホームに帰って失点しても、投手の自責点にはなりません。

投球回とは、投手が投げた回数(イニング数)です。

イニング途中で降板した時は、降板したイニングは取ったアウトの数で表します。

5回まで投げて6回は2アウトで降板した場合、投球回は、5回2/3となります。

防御率の計算については、こちらの記事で解説しています。

スポンサーリンク

MLB個人成績:歴代最優秀防御率

最優秀防御率を達成した彼らは、多くのファンから敬意と賞賛を受けています。

主な歴代の最優秀防御率投手

以下では、MLBの歴代の主な最優秀防御率投手を紹介します。

レフティ・グローブ

1900年代から1940年代にかけて活躍し、MLB史上、最も多い9回の最優秀防御率を受賞しています。

1925年にフィラデルフィア・アスレチックスでメジャーデビューしました。

1930年代初頭にはMLBで最も支配的な投手の1人となり、1930年と1931年の2年連続で最優秀防御率、最多勝利、最多奪三振の投手三冠に輝きました。

左腕投手としては異例の速球を投げ、独特のフォームで相手打者を翻弄しました。

通算で300勝141敗、防御率3.06、2,266奪三振を記録し、1947年に殿堂入りを果たしました。

ロジャー・クレメンス

1980年代から2000年代にかけて活躍したMLBの投手で、史上2番目に多い7回の最優秀防御率を受賞しています。

1984年にボストン・レッドソックスでメジャーデビューしました。

最速100mphの速球とカーブ、フォークボールなどを駆使して、多くの打者を打ち取りました。

1990年代から2000年代にかけてMLBで最も支配的な投手の1人で、通算で354勝184敗、防御率3.12、4,672奪三振という驚異的な成績を残しました。

最優秀防御率のほかに、7回のサイ・ヤング賞を受賞するなど多数の栄誉を受けました。

クリスティ・マシューソン

最優秀防御率を5回受賞し、その受賞回数は史上3番目(タイ記録)に多い記録です。

1900年にニューヨーク・ジャイアンツでメジャーデビューを果たしました。

17シーズンにわたってプレーし、通算で373勝、防御率2.13の成績を残し、MLBの歴史上最も偉大な投手の一人として評価されています。

針の穴をも通すコントロールと、打者の外角へ逃げ去る変化球「フェイドアウェイ」を武器にしていました。

1936年に野球殿堂入りし、現在でもMLBの偉大な投手の一人として称えられています。

最優秀防御率を達成した歴代投手:アメリカン・リーグ

ア・リーグで最優秀防御率を達成した歴代の投手を紹介します。

選手(所属チーム)防御率
2022ジャスティン・バーランダー
ヒューストン・アストロズ)
1.75
2021ロビー・レイ
(トロント・ブルージェイズ)
2.84
2020シェーン・ビーバー
クリーブランド・インディアンス
1.63
2019ゲリット・コール
ヒューストン・アストロズ
2.50
2018ブレイク・スネル
タンパベイ・レイズ
1.89
2017コーリー・クルーバー
クリーブランド・インディアンス
2.25
2016アーロン・サンチェス
トロント・ブルージェイズ
3.00
2015デビッド・プライス
デトロイト・タイガース/トロント・ブルージェイズ
2.45
2014フェリックス・ヘルナンデス
シアトル・マリナーズ
2.14
2013アニバル・サンチェス
デトロイト・タイガース
2.57
2012デビッド・プライス
タンパベイ・レイズ
2.56
2011ジャスティン・バーランダー
デトロイト・タイガース
2.40
2010フェリックス・ヘルナンデス
シアトル・マリナーズ
2.27
2009ザック・グレインキー
カンザスシティ・ロイヤルズ
2.16
2008クリフ・リー
クリーブランド・インディアンス
2.54
2007ジョン・ラッキー
ロサンゼルス・エンゼルス
3.01
2006ヨハン・サンタナ
ミネソタ・ツインズ
2.77
2005ケビン・ミルウッド
クリーブランド・インディアンス
2.86
2004ヨハン・サンタナ
ミネソタ・ツインズ
2.61
2003ペドロ・マルチネス
ボストン・レッドソックス
2.22
2002ペドロ・マルチネス
ボストン・レッドソックス
2.26
2001フレディ・ガルシア
シアトル・マリナーズ
3.05
2000ペドロ・マルチネス
ボストン・レッドソックス
1.74
1999ペドロ・マルチネス
ボストン・レッドソックス
2.07
1998ロジャー・クレメンス
トロント・ブルージェイズ
2.65
1997ロジャー・クレメンス
トロント・ブルージェイズ
2.05
1996ホアン・グーズマン
トロント・ブルージェイズ
2.93
1995ランディ・ジョンソン
シアトル・マリナーズ
2.48
1994スティーブ・オンティベロス
オークランド・アスレチックス
2.65
1993ケビン・エイピアー
カンザスシティ・ロイヤルズ
2.56
1992ロジャー・クレメンス
ボストン・レッドソックス
2.41
1991ロジャー・クレメンス
ボストン・レッドソックス
2.62
1990ロジャー・クレメンス
ボストン・レッドソックス
1.93
1989ブレット・セイバーヘーゲン
カンザスシティ・ロイヤルズ
2.16
1988アラン・アンダーソン
ミネソタ・ツインズ
2.45
1987ジミー・キー
トロント・ブルージェイズ
2.76
1986ロジャー・クレメンス
ボストン・レッドソックス
2.48
1985デーブ・スティーブ
トロント・ブルージェイズ
2.48
1984マイク・ボディッカー
ボルチモア・オリオールズ
2.79
1983リック・ハニーカット
テキサス・レンジャーズ
2.42
1982リック・サットクリフ
クリーブランド・インディアンス
2.96
1981サミー・スチュワート
ボルチモア・オリオールズ
2.32
1980ルディー・メイ
ニューヨーク・ヤンキース
2.47
1979ロン・ギドリー
ニューヨーク・ヤンキース
2.78
1978ロン・ギドリー
ニューヨーク・ヤンキース
1.74
1977フランク・タナナ
カリフォルニア・エンゼルス
2.54
1976マーク・フィドリッチ
デトロイト・タイガース
2.34
1975ジム・パーマー
ボルチモア・オリオールズ
2.09
1974キャットフィッシュ・ハンター
オークランド・アスレチックス
2.49
1973ジム・パーマー
ボルチモア・オリオールズ
2.40
1972ルイス・ティアント
ボストン・レッドソックス
1.91
1971バイダ・ブルー
オークランド・アスレチックス
1.82
1970ディエゴ・セギー
オークランド・アスレチックス
2.56
1969ディック・ボスマン
ワシントン・セネターズ
2.19
1968ルイス・ティアント
クリーブランド・インディアンス
1.60
1967ジョー・ホーレン
ボストン・レッドソックス
2.06
1966ゲーリー・ピータース
ボストン・レッドソックス
1.98
1965サム・マクダウェル
クリーブランド・インディアンス
2.18
1964ディーン・チャンス
ロサンゼルス・エンゼルス
1.65
1963ゲーリー・ピータース
シカゴ・ホワイトソックス
2.33
1962ハンク・アギール
デトロイト・タイガース
2.21
1961ディック・ドノバン
ワシントン・セネターズ
2.40
1960フランク・ボーマン
シカゴ・ホワイトソックス
2.68
1959ホイト・ウィルヘルム
ボルチモア・オリオールズ
2.19
1958ホワイティ・フォード
ニューヨーク・ヤンキース
2.01
1957ボビー・シャンツ
ニューヨーク・ヤンキース
2.45
1956ホワイティ・フォード
ニューヨーク・ヤンキース
2.47
1955ビリー・ピアース
シカゴ・ホワイトソックス
1.97
1954マイク・ガルシア
クリーブランド・インディアンス
2.64
1953エド・ロパット
ニューヨーク・ヤンキース
2.43
1952アリー・レイノルズ
ニューヨーク・ヤンキース
2.07
1951ソール・ロゴビン
デトロイト・タイガース/シカゴ・ホワイトソックス)
2.78
1950アーリー・ウィン
クリーブランド・インディアンス
3.20
1949マイク・ガルシア
クリーブランド・インディアンス
2.78
1948ゲン・バーデン
クリーブランド・インディアンス
2.43
1947ジョー・ヘインズ
シカゴ・ホワイトソックス
2.42
1946ハル・ニューハウザー
デトロイト・タイガース
1.94
1945ハル・ニューハウザー
デトロイト・タイガース
1.81
1944ディジー・トラウト
デトロイト・タイガース
2.12
1943スパッド・チャンドラー
ニューヨーク・ヤンキース
1.64
1942テッド・ライオンズ
シカゴ・ホワイトソックス
2.10
1941ソーントン・リー
シカゴ・ホワイトソックス
2.37
1940ボブ・フェラー
クリーブランド・インディアンス
2.62
1939レフティ・グローブ
ボストン・レッドソックス
2.54
1938レフティ・グローブ
ボストン・レッドソックス
3.07
1937レフティ・ゴーメッツ
ニューヨーク・ヤンキース
2.33
1936レフティ・グローブ
ボストン・レッドソックス
2.81
1935レフティ・グローブ
ボストン・レッドソックス
2.70
1934レフティ・ゴーメッツ
ニューヨーク・ヤンキース
2.33
1933メル・ハーダー
クリーブランド・インディアンス
2.95
1932レフティ・グローブ
ボストン・レッドソックス
2.84
1931レフティ・グローブ
フィラデルフィア・アスレチックス
2.06
1930レフティ・グローブ
フィラデルフィア・アスレチックス
2.54
1929レフティ・グローブ
フィラデルフィア・アスレチックス
2.81
1928ガーランド・ブラクストン
ワシントン・セネターズ
2.52
1927ウィルシー・ムーア
ニューヨーク・ヤンキース
2.28
1926レフティ・グローブ
フィラデルフィア・アスレチックス
2.51
1925スタン・コベレスキー
クリーブランド・インディアンス
2.76
1924ウォルター・ジョンソン
ワシントン・セネターズ
2.72
1923スタン・コベレスキー
クリーブランド・インディアンス
2.76
1922レッド・フェイバー
シカゴ・ホワイトソックス
2.80
1921レッド・フェイバー
シカゴ・ホワイトソックス
2.47
1920ボブ・ショーキー
ニューヨーク・ヤンキース
2.45
1919ウォルター・ジョンソン
ワシントン・セネターズ
1.49
1918ウォルター・ジョンソン
ワシントン・セネターズ
1.27
1917エディー・シーコット
シカゴ・ホワイトソックス
1.53
1916ベーブ・ルース
ボストン・レッドソックス
1.75
1915スモーキー・ジョー・ウッド
ボストン・レッドソックス
1.49
1914ダッチ・レナード
ボストン・レッドソックス
1.00
1913ウォルター・ジョンソン
ワシントン・セネターズ
1.14
1912ウォルター・ジョンソン
ワシントン・セネターズ
1.39
1911ビーン・グレッグ
クリーブランド・インディアンス
1.81
1910エド・ウォルシュ
シカゴ・ホワイトソックス
1.27
1909ハリー・クローズ
フィラデルフィア・アスレチックス
1.39
1908アディー・ジョス
クリーブランド・インディアンス
1.16
1907エド・ウォルシュ
シカゴ・ホワイトソックス
1.60
1906ドック・ホワイト
シカゴ・ホワイトソックス
1.52
1905ルーブ・ワッデル
フィラデルフィア・アスレチックス
1.48
1904アディー・ジョス
クリーブランド・インディアンス
1.59
1903アール・ムーア
クリーブランド・インディアンス
1.77
1902エド・シーバー
デトロイト・タイガース
1.91
1901サイ・ヤング
ボストン・アメリカンズ
1.62

最優秀防御率を達成した歴代投手:ナショナル・リーグ

ナ・リーグで最優秀防御率を達成した歴代の投手を紹介します。

選手(所属チーム)防御率
2022フリオ・ウリアス
ロサンゼルス・ドジャース
2.16
2021コービン・バーンズ
(ミルウォーキー・ブリュワーズ)
2.43
2020トレバー・バウアー
シンシナティ・レッズ
1.73
2019柳 賢振
ロサンゼルス・ドジャース
2.32
2018ジェイコブ・デグロム
ニューヨーク・メッツ
1.70
2017クレイトン・カーショー
ロサンゼルス・ドジャース
2.31
2016カイル・ヘンドリックス
シカゴ・カブス
2.13
2015ザック・グレインキー
ロサンゼルス・ドジャース
1.66
2014クレイトン・カーショー
ロサンゼルス・ドジャース
1.77
2013クレイトン・カーショー
ロサンゼルス・ドジャース
1.83
2012クレイトン・カーショー
ロサンゼルス・ドジャース
2.53
2011クレイトン・カーショー
(ロサンゼルス・ドジャース)
2.28
2010ジョシュ・ジョンソン
フロリダ・マーリンズ
2.30
2009クリス・カーペンター
セントルイス・カージナルス
2.24
2008ヨハン・サンタナ
ニューヨーク・メッツ
2.53
2007ジェイク・ピービー
サンディエゴ・パドレス
2.54
2006ロイ・オズワルト
ヒューストン・アストロズ
2.98
2005ロジャー・クレメンス
ヒューストン・アストロズ
216
2004ジェイク・ピービー
サンディエゴ・パドレス
2.27
2003ジェイソン・シュミット
サンフランシスコ・ジャイアンツ
2.34
2002ランディ・ジョンソン
アリゾナ・ダイヤモンドバックス
2.32
2001ランディ・ジョンソン
アリゾナ・ダイヤモンドバックス
2.49
2000ケビン・ブラウン
ロサンゼルス・ドジャース
2.58
1999ランディ・ジョンソン
アリゾナ・ダイヤモンドバックス
2.48
1998グレッグ・マダックス
アトランタ・ブレーブス
2.22
1997ペドロ・マルチネス
モントリオール・エクスポズ
1.90
1996ケビン・ブラウン
フロリダ・マーリンズ
1.89
1995グレッグ・マダックス
アトランタ・ブレーブス
1.63
1994グレッグ・マダックス
アトランタ・ブレーブス
1.56
1993グレッグ・マダックス
アトランタ・ブレーブス
2.36
1992ビル・スウィフト
サンフランシスコ・ジャイアンツ
2.08
1991デニス・マルチネス
モントリオール・エクスポズ
2.39
1990ダニー・ダーウィン
ヒューストン・アストロズ
2.21
1989スコット・ギャレルツ
サンフランシスコ・ジャイアンツ
2.28
1988ジョー・マグレーン
セントルイス・カージナルス
2.18
1987ノーラン・ライアン
ヒューストン・アストロズ
2.76
1986マイク・スコット
ヒューストン・アストロズ
2.22
1985ドワイト・グッデン
ニューヨーク・メッツ
1.53
1984アレハンドロ・ペーニャ
ロサンゼルス・ドジャース
2.48
1983アトリー・ハマカー
サンフランシスコ・ジャイアンツ
2.25
1982スティーブ・ロジャース
モントリオール・エクスポズ
2.40
1981ノーラン・ライアン
ヒューストン・アストロズ
1.69
1980ドン・サットン
ロサンゼルス・ドジャース
2.21
1979J. R. リチャード
ヒューストン・アストロズ
2.71
1978クレイグ・スワン
ニューヨーク・メッツ
2.43
1977ジョン・キャンデラリア
ピッツバーグ・パイレーツ
2.34
1976ジョン・デニー
セントルイス・カージナルス
2.52
1975ランディ・ジョーンズ
サンディエゴ・パドレス
2.24
1974バズ・カプラ
アトランタ・ブレーブス
2.28
1973トム・シーバー
(ニューヨーク・メッツ)
2.08
1972スティーブ・カールトン
(フィラデルフィア・フィリーズ)
1.98
1971トム・シーバー
ニューヨーク・メッツ
1.76
1970トム・シーバー
ニューヨーク・メッツ
2.81
1969ホアン・マリシャル
サンフランシスコ・ジャイアンツ
2.10
1968ボブ・ギブソン
セントルイス・カージナルス
1.12
1967フィル・ニークロ
アトランタ・ブレーブス
1.87
1966サンディ・コーファックス
ロサンゼルス・ドジャース
1.73
1965サンディ・コーファックス
ロサンゼルス・ドジャース
2.04
1964サンディ・コーファックス
ロサンゼルス・ドジャース
1.74
1963サンディ・コーファックス
ロサンゼルス・ドジャース
1.88
1962サンディ・コーファックス
ロサンゼルス・ドジャース
2.54
1961ウォーレン・スパーン
ミルウォーキー・ブレーブス
3.01
1960マイク・マコーミック
サンフランシスコ・ジャイアンツ
2.70
1959サム・ジョーンズ
サンフランシスコ・ジャイアンツ
2.82
1958ストゥ・ミラー
サンフランシスコ・ジャイアンツ
2.47
1957ジョニー・ポドレス
ブルックリン・ドジャース
2.66
1956ルー・バーデット
ミルウォーキー・ブレーブス
2.71
1955ボブ・フレンド
ピッツバーグ・パイレーツ
2.84
1954ジョニー・アントネリ
ニューヨーク・ジャイアンツ
2.29
1953ウォーレン・スパーン
ミルウォーキー・ブレーブス
2.10
1952ホイト・ウィルヘルム
ニューヨーク・ジャイアンツ
2.43
1951チェット・ニコルス
ボストン・ブレーブス
2.88
1950サル・マグリー
ニューヨーク・ジャイアンツ
2.71
1949デーブ・コスロ
ニューヨーク・ジャイアンツ
2.50
1948ハリー・ブレキン
(セントルイス・カージナルス)
2.24
1947ウォーレン・スパーン
ボストン・ブレーブス
2.33
1946ホウィー・ポレット
セントルイス・カージナルス
2.10
1945レイ・プリム
シカゴ・カブス
2.40
1944エド・ホイサー
シンシナティ・レッズ
2.38
1943マックス・レニアー
セントルイス・カージナルス
1.90
1942モート・クーパー
セントルイス・カージナルス
1.77
1941エルマー・ライドル
シンシナティ・レッズ
2.24
1940バッキー・ウォルターズ
シンシナティ・レッズ
2.48
1939バッキー・ウォルターズ
シンシナティ・レッズ
2.29
1938ビル・リー
(シカゴ・カブス)
2.66
1937ジム・ターナー
ボストン・ビーズ
2.38
1936カール・ハッベル
ニューヨーク・ジャイアンツ
2.31
1935サイ・ブラントン
ピッツバーグ・パイレーツ
2.59
1934カール・ハッベル
ニューヨーク・ジャイアンツ
2.30
1933カール・ハッベル
ニューヨーク・ジャイアンツ
1.66
1932ロン・ワーネッケ
シカゴ・カブス
2.37
1931ビル・ウォーカー
ニューヨーク・ジャイアンツ
2.26
1930ダジー・バンス
ブルックリン・ロビンス
2.61
1929ビル・ウォーカー
ニューヨーク・ジャイアンツ
3.08
1928ダジー・バンス
(ブルックリン・ロビンス)
2.09
1927レイ・クレマー
ピッツバーグ・パイレーツ
2.47
1926レイ・クレマー
ピッツバーグ・パイレーツ
2.61
1925ドルフ・ルーク
シンシナティ・レッズ
2.63
1924ダジー・バンス
ブルックリン・ロビンス
2.16
1923ドルフ・ルーク
シンシナティ・レッズ
1.93
1922フィル・ダグラス
ニューヨーク・ジャイアンツ
2.63
1921ビル・ドーク
セントルイス・カージナルス
2.58
1920グローバー・アレキサンダー
シカゴ・カブス
1.91
1919グローバー・アレキサンダー
シカゴ・カブス
1.72
1918ヒッポ・ボーン
シカゴ・カブス
1.74
1917グローバー・アレキサンダー
フィラデルフィア・フィリーズ
1.83
1916グローバー・アレキサンダー
フィラデルフィア・フィリーズ
1.55
1915グローバー・アレキサンダー
フィラデルフィア・フィリーズ
1.22
1914ビル・ドーク
セントルイス・カージナルス
1.72
1913クリスティ・マシューソン
ニューヨーク・ジャイアンツ
2.06
1912ジェフ・テスロウ
ニューヨーク・ジャイアンツ
1.96
1911クリスティ・マシューソン
ニューヨーク・ジャイアンツ
1.99
1910ジョージ・マクイラン
フィラデルフィア・フィリーズ
1.60
1909クリスティ・マシューソン
ニューヨーク・ジャイアンツ
1.14
1908クリスティ・マシューソン
ニューヨーク・ジャイアンツ
1.43
1907ジャック・フィースター
シカゴ・カブス
1.15
1906モデカイ・ブラウン
シカゴ・カブス
1.04
1905クリスティ・マシューソン
ニューヨーク・ジャイアンツ
1.27
1904ジョー・マッギニティ
ニューヨーク・ジャイアンツ
1.61
1903サム・リーバー
ピッツバーグ・パイレーツ
2.06
1902ジャック・テイラー
シカゴ・カブス
1.33
1901ジェス・タンネヒル
ピッツバーグ・パイレーツ
2.18

MLB通算防御率

MLB通算防御率TOP10を紹介します。

ぺんどら
ぺんどら

キャリアを通じて防御率が優れていた投手たちですね。

順位選手通算防御率
1エド・ウォルシュ1.82
2アディ・ジョス1.89
3モーデカイ・ブラウン2.06
4モンテ・ウォード2.10
5クリスティ・マシューソン2.13
6アルバート・スポルディング2.14
7ルーブ・ワッデル2.16
8ウォルター・ジョンソン2.17
9ウィル・ホワイト2.276
10エド・ロイルバック2.284
スポンサーリンク

NPB個人成績:歴代最優秀防御率

ここでは、日本のプロ野球の歴代最多奪三振王を紹介します。

歴代最優秀防御率:セントラル・リーグ

セ・リーグ歴代最優秀防御率を達成した投手を紹介します。

選手(所属チーム)防御率
2022青柳 晃洋(阪神2.05
2021柳 裕也(中日)2.20
2020大野 雄大(中日1.82
2019大野 雄大(中日2.58
2018菅野 智之(巨人2.14
2017菅野 智之(巨人1.59
2016菅野 智之(巨人2.01
2015ジョンソン(広島)1.85
2014菅野 智之(巨人2.33
2013前田 健太(広島)2.10
2012前田 健太(広島)1.53
2011吉見 一起(中日)1.65
2010前田 健太(広島2.21
2009チェン(中日)1.54
2008石川 雅規(ヤクルト)2.68
2007高橋 尚成(巨人)2.75
2006黒田 博樹(広島)1.85
2005三浦 大輔(横浜)2.52
2004上原 浩治(巨人)2.60
2003井川 慶(阪神)2.80
2002桑田 真澄(巨人)2.22
2001野口 茂樹(中日)2.46
2000石井 一久(ヤクルト)2.61
1999上原 浩治(巨人2.09
1998野口 茂樹(中日)2.34
1997大野 豊(広島)2.85
1996斎藤 雅樹(巨人)2.36
1995ブロス(ヤクルト)2.33
1994郭 源治(中日)2.45
1993山本 昌広(中日)2.05
1992盛田 幸妃(大洋)2.05
1991佐々岡 真司(広島)2.44
1990斎藤 雅樹(巨人)2.17
1989斎藤 雅樹(巨人)1.62
1988大野 豊(広島)1.70
1987桑田 真澄(巨人)2.17
1986北別府 学(広島)2.43
1985小松 辰雄(中日)2.65
1984小林 誠二(広島)2.20
1983福間 納(阪神)2.62
1982斉藤 明夫(大洋)2.07
1981江川 卓(巨人2.29
1980松岡 弘(ヤクルト)2.35
1979平松 政次(大洋)2.39
1978新浦 寿夫(巨人)2.81
1977新浦 寿夫(巨人)2.32
1976鈴木 孝政(中日)2.98
1975安仁屋 宗八(阪神)1.91
1974関本 四十四(巨人)2.28
1973安田 猛(ヤクルト)2.02
1972安田 猛(ヤクルト)2.08
1971藤本 和宏(広島)1.71
1970村山 実(阪神)0.98
1969江夏 豊(阪神1.81
1968外木場 義郎(広島)1.94
1967権藤 正利(阪神)1.40
1966堀内 恒夫(巨人)1.39
1965金田 正一(巨人)1.84
1964バッキー(阪神)1.89
1963柿本 実(中日)1.70
1962村山 実(阪神)1.20
1961権藤 博(中日)1.70
1960秋山 登(大洋)1.75
1959村山 実(阪神)1.19
1958金田 正一(国鉄)1.30
1957金田 正一(国鉄)1.63
1956渡辺 省三(阪神)1.45
1955別所 毅彦(巨人)1.33
1954杉下 茂(中日)1.39
1953大友 工(巨人)1.85
1952梶岡 忠義(阪神)1.71
1951松田 清(巨人)2.01
1950大島 信雄(松竹)2.03

歴代最優秀防御率:パシフィック・リーグ

パ・リーグ歴代最優秀防御率を達成した投手を紹介します。

選手(所属チーム)防御率
2022山本 由伸(オリックス1.68
2021山本 由伸(オリックス1.39
2020千賀 滉大(ソフトバンク2.16
2019山本 由伸(オリックス1.95
2018岸 孝之(楽天)2.72
2017菊池 雄星(西武)1.97
2016石川 歩(千葉ロッテ)2.16
2015大谷 翔平(日本ハム)2.24
2014金子 千尋(オリックス)1.98
2013田中 将大(楽天)1.27
2012吉川 光夫(日本ハム1.71
2011田中 将大(楽天)1.27
2010ダルビッシュ有(日本ハム)1.78
2009ダルビッシュ有(日本ハム)1.73
2008岩隈 久志(楽天)1.87
2007成瀬 善久(千葉ロッテ)1.82
2006斉藤 和巳(ソフトバンク1.75
2005杉内 俊哉(ソフトバンク2.11
2004松坂 大輔(西武)2.90
2003斉藤 和巳(ダイエー)2.83
2002金田 政彦(オリックス)2.50
2001ミンチー(千葉ロッテ)3.26
2000戎 信行(オリックス3.27
1999工藤 公康(ダイエー)2.38
1998金村 暁(日本ハム)2.73
1997小宮山 悟(千葉ロッテ)2.49
1996伊良部 秀輝(千葉ロッテ)2.40
1995伊良部 秀輝(千葉ロッテ2.53
1994新谷 博(西武)2.91
1993工藤 公康(西武)2.06
1992赤堀 元之(近鉄)1.80
1991渡辺 智男(西武)2.35
1990野茂 英雄(近鉄)2.91
1989村田 兆治(ロッテ)2.50
1988河野 博文(日本ハム)2.38
1987工藤 公康(西武)2.41
1986佐藤 義則(阪急)2.83
1985工藤 公康(西武)2.76
1984今井 雄太郎(阪急)2.93
1983東尾 修(西武)2.92
1982高橋 里志(日本ハム)1.84
1981岡部 憲章(日本ハム2.70
1980木田 勇(日本ハム2.28
1979山口 哲治(近鉄)2.49
1978鈴木 啓示(近鉄2.02
1977山田 久志(阪急)2.28
1976村田 兆治(ロッテ1.82
1975村田 兆治(ロッテ2.20
1974佐藤 道郎(南海)1.91
1973米田 哲也(阪急)2.47
1972清 俊彦(近鉄)2.36
1971山田 久志(阪急)2.37
1970佐藤 道郎(南海)2.05
1969木樽 正明(ロッテ)1.72
1968皆川 睦男(南海)1.61
1967足立 光宏(阪急)1.75
1966稲尾 和久(西鉄)1.79
1965三浦 清弘(南海)1.57
1964妻島 芳郎(東京)2.15
1963久保 征弘(近鉄)2.36
1962久保田 治(東映)2.12
1961稲尾 和久(西鉄)1.69
1960小野 正一(大毎)1.98
1959杉浦 忠(南海)1.40
1958稲尾 和久(西鉄)1.42
1957稲尾 和久(西鉄)1.37
1956稲尾 和久(西鉄)1.06
1955中川 隆(毎日)2.08
1954宅和 本司(南海)1.58
1953川崎 徳次(西鉄)1.98
1952柚木 進(南海)1.91
1951柚木 進(南海)2.08
1950荒巻 淳(毎日)2.06

歴代最優秀防御率:1リーグ時代

1リーグ時代の歴代最優秀防御率を達成した投手を紹介します。

年度選手(チーム)防御率
1949藤本 英雄(巨人)1.94
1948中尾 碩志(巨人)1.84
1947白木 義一郎(東急)1.74
1946藤本 英雄(巨人)2.11
1945中止
1944若林 忠志(阪神)1.56
1943藤本 英雄(巨人)0.73
1942林 安夫(朝日)1.01
1941野口 二郎(大洋)0.88
1940野口 二郎(翼)0.93
1939若林 忠志(タイガース)1.09
1938秋スタルヒン(巨人)1.05
1938春西村 幸生(タイガース)1.52
1937秋西村 幸生(タイガース)1.48
1937春沢村 栄治(巨人)0.81
1936秋景浦 将(タイガース)0.79
スポンサーリンク

まとめ

この記事では、MLBの個人成績のうち歴代の最優秀防御率を達成した投手を紹介しました。

MLB史上最優秀防御率を受賞した投手には、数々の偉大な投手たちが名を連ねています。

その年のリーグにおいて最高の防御率を誇り、野球史に名を残す投手として称えられています。

彼らが残した記録は、長い年月を経ても色あせることはありません。

彼らの偉業は、今後も多くの人々によって語り継がれることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました